スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一年たった今だから考える治療(1) リンパ郭清編

私は乳がんの診断を受けてほぼ1年になります

その間、皆さんと同じようにネットや本で色々情報収集しました
去年の今頃の私と今の私では、知識に格段の差があります
もしタイムマシンがあったら、去年の私に教えてあげたい(笑)
と、いうことをいくつか書いていこうと思います

まず初回はリンパ郭清編
というのは、これが一番生活に支障が出ているからです
いつもいつもリンパ浮腫の不安と隣り合わせで
重いものを持たないとか気を使わなくちゃいけない
ということはおいといても
(いまのところリンパ浮腫は発症してないと。。。思います)
腕の重くだるい感じ、疲れてくるとパソコン作業やメモ取りに支障が出る
などなど、不調はまったく改善しません

私は手術前の説明で担当医から「8割方はリンパ郭清はない」と言われ、すっかり安心していました
確かに術前にリンパ転移が見つからなかったのに、センチネルリンパ生検で見つかる確率は2割。
担当医は正しい。
しかし、患者側にしたら麻酔から覚めたら取らないはずのリンパ取られてて大ショック!
「麻酔から起こして聞いてくれればいいのに!」って思ったのは、私だけじゃないと思います

そして、アメリカで治療を受けてる方のブログ友さんの記事に
「センチネルリンパ節に転移があったけど、主治医の判断で郭清しなかった」とあって
すごい衝撃を受けました!

「絶対郭清しないでください」って主張したら
私にも郭清しない選択肢はあったのだろうか
そして今の日常生活の支障はなかったかもしれない。。。

日本では、センチネルリンパ生検によって郭清する患者さんを限定することができた
というメリットはよく指摘されてますが
どの病院のガイドラインを見ても「センチネルで転移発見=リンパ郭清」がスタンダード
温存か全摘かを選ぶように、リンパ郭清の是非を患者が希望することは
あんまり一般的ではないようです

1年前の私は再発と転移のことばっかり心配してたし
温存か全摘かは考えてみても
リンパ郭清と後遺症のことに頭が行きませんでした

もうリンパを取る前の身体には戻れないから
ぐだぐだ言ってもしょうがないっちゃ、しょうがないのですが
リンパ郭清の後遺症は不便だよう、もっと考えればよかった、とつくづく思います

私は結局、センチネルに1個、病理検査でもう1個見つかりました
再発防止を考えればやはり、リンパ取る結論になったかもしれないけどね


テーマ :
ジャンル : 心と身体

プロフィール

那由他

Author:那由他
48歳、2010年1月乳がんが見つかりました
2月に右乳房全摘出、リンパ節郭清手術。オンコタイプDX(遺伝子検査)を経て抗がん剤治療を終え、現在ホルモン(アロマターゼ阻害剤)治療中
2013年9月からリンパ浮腫も治療中

職業:物書き:夫と子(14歳)の3人暮らし
那由他は数の単位。10の60乗
↑は実家の猫です。猫飼いたい。。。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。