スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同級生の死

お祝いごととは違って
いつも葬式は突然なものですが

先週、中学高校時代の友人の通夜に行ってきました
私は中高一貫教育の女子校出身なので
6年の付き合いでした。当然、年齢は同じです
中高時代から美人で華やかな人だった

享年46歳
がんは全身に出来るけど
死因は子宮がんや乳がんと違って、あんまり患者数の多いがんじゃなかった

なんか、葬式から帰ってきてから、結構こたえてるっていうか。。。
今まで葬式にはたくさん出てたけど
70代、80代、90代(じ~さんは享年99歳であった)の人たちで
なんというか、ひとごとだった
式場で「大往生だね」と言い合えるくらい
でも、46歳の葬式はぜんぜん、ひとごとじゃなくって
二つがんを経験してる身には、近い将来、自分の葬式あってもおかしくないのだ
と思ってしまった次第です

ここでも統計の話をするのは何ですが
50歳以下の男性の死亡率 5% 女性の死亡率3%
(※男性の死亡率1000人に2.8人、女性の死亡率1.4人を訂正)
彼女の死は、決して「よくあること」ではない
でも、決してひとごとではない

「ご冥福をお祈りします」って
死後の世界で痛みも苦しみもなく、安らかにって感じなのだろうか
それ以上の言葉をかけたいけど
なんだか思いつきません





スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 心と身体

プロフィール

那由他

Author:那由他
48歳、2010年1月乳がんが見つかりました
2月に右乳房全摘出、リンパ節郭清手術。オンコタイプDX(遺伝子検査)を経て抗がん剤治療を終え、現在ホルモン(アロマターゼ阻害剤)治療中
2013年9月からリンパ浮腫も治療中

職業:物書き:夫と子(14歳)の3人暮らし
那由他は数の単位。10の60乗
↑は実家の猫です。猫飼いたい。。。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。