スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェネリックな話

今は、ジェネリックなんてしゃれた名前がついてるけど
そう遠くない昔、後発品は「ゾロ」って言われてました
特許が切れるとゾロゾロ出てくるからですって

でも、高い高いお薬でも後発品では確実に安くなる
患者個人のお財布にも、国の予算にも悪い話ではありません

今後数年間にメジャーな抗がん剤でも特許切れが相次ぎ
ジェネリックが出てくるようです

例えばですが、乳がん関係だと

アリミデックス(アストラゼネカ) 既に特許切れ 今年中に後発品
ゾメタ(ノバルティス) 2013年特許切れ
リュープリン(武田) 2014年特許切れ
ハーセプチン(ロシュ)2014年特許切れ

このほか、白血病のグリベック、肺がんのアリムタみたいな
その病気では代表的な抗がん剤も近く特許が切れるそうな

薬代の高さを嘆くがん患者は多いです
これからは使用中の薬がうまくジェネリックに切り替えられる人が増えるかもしれません

あとは主治医の判断と本人が選ぶかどうか、ですかね

私も薬は高いなぁ、と思うけど
何となく不安で開発したメーカーを選んでしまうかも。。。
スポンサーサイト

テーマ : 乳がん
ジャンル : 心と身体

プロフィール

那由他

Author:那由他
48歳、2010年1月乳がんが見つかりました
2月に右乳房全摘出、リンパ節郭清手術。オンコタイプDX(遺伝子検査)を経て抗がん剤治療を終え、現在ホルモン(アロマターゼ阻害剤)治療中
2013年9月からリンパ浮腫も治療中

職業:物書き:夫と子(14歳)の3人暮らし
那由他は数の単位。10の60乗
↑は実家の猫です。猫飼いたい。。。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。