スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

80歳の全身麻酔と後遺症

今回は母の手術後の譫妄・幻覚について書きます
私の母はそろそろ80歳なのですが、お読みになられる方々には
高齢の親を持つ人も多いのではないかと思い、ご参考まで

母はこれまで79歳ながら、物忘れが多少激しいものの
ひと通り家事をこなし
しっかりひとり暮らしができてました

ところが、11月末に全身麻酔で手術して状態が一変
手術後は夢か現実かよく分からない状態が続き
退院後家に帰ると、常に複数の男性が居間にいる、という
幻覚が見えるようになりました

どうも高齢者が全身麻酔するとよく見られる症状のようです
それもこのまま、よくなる場合と認知症に移行する二つケースがあるそうな
しかし、私は手術の事前説明でいっさい、そんなことは聞いてませんでした

手術した病気はがんとか心臓病とか、命に関わるものではなく
加齢に伴い、直腸や膀胱、子宮が下がって体内から出てきてしまうのを
外科的に食い止める手術でした
※病気からいえば、私の方がよっぽど重症
確かにその手術したところはよくなりましたが
命に全く関わらない病気を治す引き換えに認知症を発症したんじゃあ
割に合わないというか
少なくともちゃんと説明してほしかったです

自宅と職場、職場と実家は電車で一時間ちょい
自宅と実家は電車で1時間半くらい
このところ、この三点を行ったり来たりしてお疲れ気味です。。。
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

ミスリムさん、こんばんは~

今は一日おきぐらいに行かざるを得ないけど
私も、母の今回の手術前は全然実家に行ってませんでしたよ~
3ヶ月に1回くらい
79歳の母が電車で1時間かけてうちにきてたくらいです
母ひとり子ひとり、お互い責任重いですが、
割り切って頑張りましょう
ミスリムさんのお母様がこれからも末永く元気でいらっしゃるよう
願ってます

バボさん、こんばんは~

私の体調もご心配いただき、ありがとうございます

そうそう、麻酔科の医師から手術前説明ありましたよね
最悪の事態を考えれば色々あるけど
でも、確率としてはほとんどない、みたいな
母と麻酔科医師も面談があったはずですが
そのときは同席していないので(家族の同席は求められない)
実際、どんな説明を聞いたんだか
でも、あとあと苦労するのは家族なんだから
家族にちゃんと説明してほしかったです
う~ん、母の症状、あまり改善しないです

那由他さん こんばんは

他人事じゃないな~と思いながら読ませていただきました。
父も姉も癌で亡くなり母になにかあると私が面倒を見なくてはいけません。
母も3年前75歳の時に手術をしましたが、幸いそういう状態にならず今もひとり暮らしをしています。
私なんか一か月に一回実家に帰るのにも(車で1時間ちょい)疲れるのに那由他さんはえらいな~
疲れがでませんように、お体大事になさってくださいね。

そう言えば、手術前日の入院中に麻酔科の先生と初めて会って
リスクの説明とか受けましたね
聞いていると怖い事ばかり・・・
もしかしてこのまま死んじゃうかも?って思う程
かと言って、もう手術の覚悟出来ている今更「じゃあやめます」なんて
言えるはずもなく・・・
でもやはり万が一の覚悟の為には、リスク説明は必衰ですね
お母様も早く落ち着かれるといいですね
那由他さんも、疲れて倒れないように

Re: お疲れ様です

naitinge-ruさん、こんばんは

プロのnaiginte-ruさんからコメントいただき、とてもありがたいです
妊娠中のお腹を蹴られるなんて、看護師さんも命がけですね

やっぱりよくある症状なんですね
でも、既に手術後2週間以上経過
あまり状況は良くないようです

Re: こんばんは。

景子さん、こんばんは

>>2回目の 手術の翌日には、箸を持つ力さえ ありませんでした
え~、そうだったんですか。それは大変でしたね
お若い景子さんでもそんなに身体には負担だったんですね

ダメージがあっても、元に戻ってくれればいいのですが
う~ん

こっちが病気にならないよう、適当に息抜きしてやろうと思います
ご心配いただいてありがとうございます
景子さんも身体を大切にね。無理は禁物よ~

お疲れ様です

高齢の方が全身麻酔でオペすると、そういう症状が出るのは よくあるのですが、比較的早期に治まって来るものが多いのですけどね、、
昔、大学病院にいた頃、80代の男性がオペしたあと、認知症のような症状が強くなって、点滴は抜いてしまうし、暴れて妊娠中のお腹を蹴られたことがありましたっけ。

術前の説明は、きちんとしてほしいですよね。
全身麻酔によって、潜在的にあったものの引き金を引くこともありますしね、、、
早く落ち着かれるといいですね。
那由他さんもご無理なさらずに。。

こんばんは。

麻酔でも 手術でも、リスクの事前説明は してほしいですよね。

全身麻酔って、やっぱりキツいものです。

私は、1か月半の間に 2回も 全身麻酔で 手術をしましたが。
1回目は、まだ元気でした。
でも 2回目の 手術の翌日には、箸を持つ力さえ ありませんでした。
かなり、体が弱ったんだと思います。

まして、ご高齢な人には、もっと負担が大きいでしょう。
脳にも 絶対 負担が かかっていますよね。

自宅、職場、実家の 行き来は 大変なことだと思います。
那由他さんも お身体を 大切に なさって下さいね。

大して何もしていないのに すぐにダウンしちゃう自分が ますます情けない景子でした…。

プロフィール

那由他

Author:那由他
48歳、2010年1月乳がんが見つかりました
2月に右乳房全摘出、リンパ節郭清手術。オンコタイプDX(遺伝子検査)を経て抗がん剤治療を終え、現在ホルモン(アロマターゼ阻害剤)治療中
2013年9月からリンパ浮腫も治療中

職業:物書き:夫と子(14歳)の3人暮らし
那由他は数の単位。10の60乗
↑は実家の猫です。猫飼いたい。。。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。