スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺伝性乳がんについて、気になること

Ms.ジョリーの件、今週は、週刊誌が取り上げてますね

遺伝性乳がんについて、前々から気になっていたことがあります
ブログとか、他のメディアを通じてこの方、遺伝性乳がんなのかな
と思った方が何人か
残念ながら今、ご存命の方はいらっしゃいません
20代、30代で亡くなられてます
ブログや本などを通じて情報発信してた方々で(映画になった人もいるし)
乳がん患者だったら知ってる!って方ばっかりかもしれませんが
全く素人の私が名前を出すのはどうか、と思うのでここでは伏せます

いくつか共通点があって
お母さんを卵巣がんか乳がんでなくしている 
亡くなる前にお母さんが「がん家系」=娘への遺伝を心配していた
初発から再発までの間が短い
再発からなくなるまでの期間もやはり短い
ご本人は初発の乳がんの診断を受ける前から「がんになりやすい」遺伝の自覚を
お持ちだった方ばかりでした

もしこういう方がいたら、もちろん経済的な問題は大ですが
遺伝子検査を受けてみられることをお勧めしたいです
MSジョリーの件で、急に日本でも体制整備が進められているようですから
相対的にお若いであろうこういう方々が一人でも救われればいいな、と
思っています

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 遺伝子検査を受けるための

yannchanさん、こんばんは~

明らかに事実誤認、って記事も散見されました
でも乳がんに全く知識がない人には
Msジョリーが何をしたのか、いまひとつ理解しにくいのだろうな、と思います
いずれにせよ、事前のカウンセリング&医師との十分な意思疎通が大事ですよね
今回の件で日本でもできそうな病院が予想以上に多いことがわかったのが
収穫でした

遺伝子検査を受けるための

こんにちは!

各週刊誌もこの件にかなり反応してましたが
女性セブンの山内先生のコメントはさすが本質をついたもので
検査前に、相当のカウンセリングが必要なことを説いていらっしゃいます。
プロフィール

那由他

Author:那由他
48歳、2010年1月乳がんが見つかりました
2月に右乳房全摘出、リンパ節郭清手術。オンコタイプDX(遺伝子検査)を経て抗がん剤治療を終え、現在ホルモン(アロマターゼ阻害剤)治療中
2013年9月からリンパ浮腫も治療中

職業:物書き:夫と子(14歳)の3人暮らし
那由他は数の単位。10の60乗
↑は実家の猫です。猫飼いたい。。。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。