スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オンコタイプDX結果

さて私の結果、スコア22
中間リスクのそのまた真ん中やや下め
ホルモンはER、PRとも高め。HER2は陰性と今までの結果が確認できました

担当医はホルモン感受性が高いことから、抗がん剤を強く勧めていません
でも抗がん剤をやるなら早く決めてね、ホルモン剤で行くならもう2カ月待ったんだから
早く着手しましょう、という話
全くその通り!なんですが、私は即答できませんでした

検査待ちの間、ぜったい、私には中間リスクの数字が出ると思ってました
(もうちょっと31に近いスコアかな、と思ってたけど)
でも、いざ予想通りの数字が出てみてもこの数字では決断の助けにならな~い

ちょっとわかりにくいたとえですが
(私は金融専門の物書きなので)
ある会社に投資するかどうか、高いお金を出してアナリストに調査を依頼したら
リポートに色々説明は書いてあるけど、投資判断は「中立」
買うか売るか(抗がん剤やるかやらないか)、自分で判断してね、というところでしょうか

さて決めなくちゃ
売りか買いか


重要な情報が抜けてましたので追記です
オンコタイプDXで出た5年再発率は12%ぐらい(グラフだからよく見えない)
で、ホルモン単独治療に抗がん剤を上乗せした効果は1-2 %とわずかです

オンコタイプはリンパ転移陽性だと5年再発率、陰性だと10年再発率が出ます
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

Re: あっぱれ

楽子さん、こんにちは~

コメントこちらに入ったのでお返事もこちらにさせていただきます
仕事休まず、すごいっって言われて、とても励みになりますが、昨日からだる~い副作用が出てきて、認識が甘かったと、ちと反省しています
脱毛が始まったら夜中に風で毛を飛ばすってすごいアイディアですね
ベランダで夜中にやればいいかも。私も検討してみます
まだ髪の毛があるので脱毛後の実感がまだ湧きません。いざ脱毛が始まるときっとかなりヘタレてくると思いますのでどうか、またアドバイスくださいね~
眉毛まつげの件は失念してました!まつげはもともと少ないのでいいのですが、まゆげは全くなくなったら描くの大変なんでしょうか。うーん

あっぱれ

あっという間に入院治療。仕事も休まず凄いですね。バリバリですね。私なんて副作用にびびって早々に休みましたからびっくりです。デカドロンを打たれた日なんて眠れなくて辛くて辛くて。かつらは大きめを用意すると髪がなくなったら小さく、伸びたら大きくと調整できていいですよ。私は1000円カット屋でベリーショートにし脱毛が始まったら、夜中に外で頭をかきむしって毛を風で飛ばしてました。毎晩毎晩。物凄い量でしたよ。風呂の排水口に溜めたり部屋にローラーかけなくてもよかったです。髪がなくなったらつまんでサイズを小さくし自然に見えるようにカットしてもらったりしました。タキソールは脱毛がきついんですよね。髪がある連休明けには鬘をつけ、ソフトランディングはいかがですか?脱毛しきったら小さくフィットさせるのです。私はウィークリーだったんですが、あっという間の12回とはいえ、化療室がイヤでイヤで病院に行くだけでめいりました。前向きなんですね。今一番気になるのは眉毛まつ毛がないことです。ではお大事に。

Re: オンコタイプDX

楽子さん、はじめまして
コメントありがとうございます!!

楽子さんもオンコタイプDX受けられたんですね。私もハイリスクだったら迷わず化学療法選択していたと思います。脱毛はじめ辛い副作用が続くと思いますが、治療が終わればきっと元に戻ります。
ご指摘の通り、私もオンコタイプの結果はあくまでもデータで、判断のパラメーターの一つだと思っています。転移されたお友だちの話はほんとにひとごとじゃなくてこわいな、と感じました。
貴重な体験教えていただいて、ありがとうございました

オンコタイプDX

初めまして。私もオンコタイプ検査しました。結果はハイリスクで化療やりました。ホルモン陽性でホルモンで8%、化療で4%、再発率が下がるという結果でした。4%のための化学療法。髪が元に戻るのにあと一年。辛いですよね。失うものが多くてと落ち込みました。でも元に戻るのだから今を耐えなければ。
オンコタイプは中間だと迷いますね。ロー、ハイなら説得力あるんですが。でもつきつけられたデータはあくまでもデータ。私より全然病期が軽いがん友が半年であっという間に転移したのを目のあたりにし、わからないなあー、気が抜けないなあと怖くなりました。ぜひ、賢明なご判断を。

コメントありがとうございます!

fukuさん、コメントありがとうございます!!

マンマプリントは、ハイリスクが出る確率が高いとききましたが
白黒はっきりしてて決断しやすいですね!
オンコタイプは検査前から中間リスクだったら悩むなぁ、と思ってましたが
まさに結果はその通りでした
ほんとご指摘の通り、選択に正解はないのだと思います
医師から情報をもらって治療を自分で決める時代というのは
医師任せだった昔よりずっとしんどいのかもしれません

那由他さんこんにちは!お邪魔します!

オンコタイプの結果、出たのですね。
中間リスク・・・・治療をどうするか本当に悩みますね。
私もマンマプリントをやったのですが、こういう検査が高額で、まだまだ普及されないだろうと考えています。
ちなみにマンマプリントは低リスク、高リスクの2通りしかないので、高リスクになった私は納得して抗がん剤を受けました。

治療の選択・・・本当に難しいですね。
何が正解ということはなく、那由他さんが納得して受ける治療が正解なのだと思います。
納得した治療法を選択されるよう応援しています!
プロフィール

那由他

Author:那由他
48歳、2010年1月乳がんが見つかりました
2月に右乳房全摘出、リンパ節郭清手術。オンコタイプDX(遺伝子検査)を経て抗がん剤治療を終え、現在ホルモン(アロマターゼ阻害剤)治療中
2013年9月からリンパ浮腫も治療中

職業:物書き:夫と子(14歳)の3人暮らし
那由他は数の単位。10の60乗
↑は実家の猫です。猫飼いたい。。。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。