スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年初頭の新薬情報

 再発・転移のときの抗がん剤
 耐性ができてしまうので、薬の種類は多いに越したことはない
 再発・転移は来て欲しくはないけど、絶対来ないとはいえない
 もしもときに対処できるよう知識は持っておきたい、と思ってます

 去年の11月、エーザイのハラヴェン(一般名エリブリン)は転移性乳がんへの適用で
 アメリカで承認されました
 抗がん剤開発の弱い日本の製薬メーカーとしては画期的なんだけど
 あんまり話題にならなかった感じ

 ドラッグラグ問題を抱える日本は例によって、まだ未承認
 日本メーカー品なのにアメリカに先越されちゃったんですが
 他の薬よりはスムーズに承認されるんじゃないでしょうか
 米国での承認を期に開いた記者会見では(私は行ってないけど)
 担当記者に確認したところ
 エーザイの社長は「来年中に日本でも承認されたらいいなぁ」と言っていたそうです

 転移性乳がん適用だからこの手のプレスリリースは「何ヶ月延命した効果がある」と
 テンションが下がるようなことばっかり書いてあるけど
 一応貼っておきます
 http://www.eisai.co.jp/news/news201064.html

 乳がん患者の未承認薬といえば、これより「アバスチン」でしょうね
 有名な乳がん患者さんたちが承認の遅れを糾弾して
 日本のドラッグラグ問題に必ず出てくる薬剤ですが
 前から出てる話ですが
 アメリカでも乳がんへの効果に疑問が出ているようです
 http://health.nikkei.co.jp/hsn/hl.cfm?i=20101224hk000hk(日本文)
 http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=647609(英文)


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

鍵コメントさま

鍵コメントいただいた方へ

放言三昧のブログですが
同じ病気で戦ってる方に少しでも参考になれば
私もとてもうれしいです

こちらこそよろしくお願いします
色々情報交換できたらと思います

Re: なるほどね~

naitinge-ruさん、こんばんは~

薬の名前、ほんと覚えるの大変
医療従事者の方々のご苦労お察しします
抗がん剤、とくに分子治療薬は、ニブだのマブだのみんな似たような名前で
区別がつかない(笑)

ミライさんへのコメントにも書きましたが
イレッサ訴訟は日本の薬事行政のジレンマをそっくり象徴しているような事件ですね
イレッサは日本での認可が世界一早かったそうだから
やればできるんだ、って思っちゃいました
イレッサが国の責任を認めた形で和解になれば
承認プロセスはさらに慎重になり、遅れることになるのかもしれません

こんばんは~

ミライさん、こんばんは~

> なんだか認可の仕方にも国民性が出てるな~と思ってしまいました。

ほんと、ご指摘の通りです
日本の場合、承認されると国(厚生労働省)が安全性や効き目を保証したように
受け止められてる気がします

イレッサ訴訟で裁判所が国にも和解勧告しているのは
司法の立場でも国に責任がありと見ているからです

副作用のない抗がん剤はないのですがね
減点主義の官僚の世界では、早期に承認して訴えられるのなら
諸外国の副作用の状況をよく調査してからにしようってことになりがちです

患者の立場からすれば
効き目のある薬は早く承認してほしいけど
副作用は許さない
というわけで、バランスを取るのは難しいですね

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

なるほどね~

まぁ、製薬会社も次から次から新しい薬を開発するよね。
ありがたいことだけど、覚えるのが大変だわ(笑)

薬には副作用が付き物だし、イレッサのこともあったし、
なにかと承認には時間がかかるのもうなずけるけどね。。。
自分が使うとなったら考えるよね。

那由他さん、遅くなりましたが明けましておめでとうございます。

再発・転移のことは出来るなら考えたくないけれど、やっぱり自分で知識をつけておくことは大切ですね。
私はアメリカで認められている薬についても全く知識もないので、勉強になります。
日本でのドラッグラグはやっぱり患者にとっては大きな問題ですよね。
でもあまり副作用が強過ぎるのもQOLを考えるとどうなのか・・・と疑問になります。
アメリカは癌治療以外の薬でもFDAの認可を受けた後、取り消しになることは良くあります。
それで命をとられてしまったり、副作用で別にもっと深刻な病気も掛け持ちになってしまった患者さんは、結局製薬会社を訴えるしか術がないというのが現状のようです。
認可に慎重になり過ぎるのも困るけど、あまり安易に認可されてしまうのも考え物です。
なんだか認可の仕方にも国民性が出てるな~と思ってしまいました。
プロフィール

那由他

Author:那由他
48歳、2010年1月乳がんが見つかりました
2月に右乳房全摘出、リンパ節郭清手術。オンコタイプDX(遺伝子検査)を経て抗がん剤治療を終え、現在ホルモン(アロマターゼ阻害剤)治療中
2013年9月からリンパ浮腫も治療中

職業:物書き:夫と子(14歳)の3人暮らし
那由他は数の単位。10の60乗
↑は実家の猫です。猫飼いたい。。。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。