スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田中好子さんの訃報&乳がん患者が気になること

田中好子さん、スーちゃんが乳がんで亡くなった

同病の人の死はショックで悲しい
自分の病気を嫌でも意識することになる
55歳といえば、日本女性の平均寿命より30年も短いではないですか!?
ご冥福をお祈りします

乳がん患者としてとても気になることがある
以下は、公表情報を分析して彼女の死の原因を色々推測することになるので
ご不快に思われる方はスルーしてください

===============================================================
訃報を報じる記事を書いている人は芸能記者
当然ながら乳がんどころか、ガン一般について知識はない
「再発」と「転移」がごっちゃになってる記事も多い

「再発」についても「去年10月」と「今年2月」、または「19年間に何度も繰り返
した」と、報道によって違う

昨夜の彼女の死直後、ご主人が病院前で会見していて、有力なソースではあるんだけど
意味不明なことが多い
彼女の死を伝える記事を全国紙、スポーツ紙など等情報を総合してみる

乳がんが分かったのは1992年、19年前
肺と肝臓への転移が分かったのは今年2月
えっ、2ヶ月前? 転移が分かった2ヵ月後に死って早い
。。。。いや、早過ぎる

「転移するまでの期間が長いと転移後の予後も比較的よい」
というのが乳がん界(←何それ)の常識ではなかったのか
初発から19年後の転移って、ずいぶん長い
それにしては、転移から死までの予後が悪すぎる

ご主人のコメントなどから読み解けたことは
・再発が何度かあったが心配ない範囲(→局所再発とみられる)
・去年10月から十二指腸潰瘍で入院(→乳がんは消化器系に転移するのはまれ?なので
乳がんとは関係ないか?)
・2月に転移が分かり、そのまま入院継続、昨日死去

個人的には何か事実関係に間違いがあるような気もするが
転移後2ヵ月後の死など、信じたくないというのが本音かもしれない

乳がんの場合、進行はゆっくりだから転移してもすぐは死なない
今までそう思ってた私には、とてもショックだ
転移と分かって2ヶ月しか余命がないのなら、何ができるのだろう
私たち乳癌患者は、覚悟しなくてはいけないのかもしれない

以上は一患者に過ぎない私が考えたものだから勘違いもあるだろうし
ぜひ意見があれば、コメントください



スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 心と身体

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: はじめまして

うーこさん、こんばんは~

こちらこそ、はじめまして
コメントありがとうございます!

私も術後1年ちょっとですので
同じくらいの時期ですね
発病後も長く生き抜いた方々の症例は励みになりますよね

抗がん剤やホルモン剤の服用とキレイさを両立するの、難しいと思うんです
私はハゲても太っても別に給料が減ったりしませんが(笑)
女優さんだとキレイでないと、生活にかかわりますものね
田中好子さんは病気のことなど感じさせないくらいキレイだったし
音無さんは今もとてもおキレイですよね
その陰にはものすごい努力と苦労があったんだろうと思います

またいらしてくださいね~
お待ちしています

はじめまして

はじめましてうーこと申します
乳癌で検索しこちらにたどりつきました
私は30代の乳癌患者です 手術 抗がん剤 放射線治療し現在はホルモン剤を内服しています 一年をすぎました
すーちゃんの訃報には…ショックでした けどあんな風に生きぬいた同志のすーちゃんを誇りに思います 音無美紀子さんも30代で乳癌発症し22年たっても元気な方もいらっしゃいます(彼女は抗がん剤とホルモン剤を途中でやめられました)
これからもお邪魔させて下さい

Re: 勇気

すずさん、こんばんは~

ご訪問&コメントありがとうございます

すずさんのブログも拝見しました
確かに治療法は乳がんとよく似ています
お辛いことも多いのに、とても前向きで読む方が元気になれるブログでした
抗がん剤再開でよくなられた、ということで何よりです
その状態がずっとキープできますよう
お祈りしています

沖縄好きの私たち夫婦は「ちゅらさん」をずっと見ていました
当時の田中さんは、おそらく何度目かの再発を経験されていたのでしょうが
病気などみじんも感じさせない暖かな母親を演じてました
お葬式のメッセージにもあった通り
ほんとに女優の仕事が好きだったんでしょうね

すずさんからコメントいただき
私も転移後2ヶ月の死にショックを受けるだけではなくて
発病後20年も好きな仕事に打ち込んで生きられたことを
評価したいと思いました

またいらしてくださいね
お待ちしております

勇気

田中好子さんのことをいろいろ検索していてこちらにたどりつきました。
 
私は、乳がんではなく 乳腺原発の血管肉腫という病気なのですが
乳がん患者さんと治療が似ているところがあり、乳がんも身近に感じております。
(現在の治療は全摘後、抗がん剤治療+ゾメタ)
 
私はみなさんと違い、田中好子さんの経緯が気になるものの
結果として発病から19年も生きることができたことに勇気を覚えた一人です。
乳がんでもゆっくり進行するものもあれば、とても進行が早いケースもあるそうですが
田中好子さんの場合は肺と肝臓に転移後の進行がとても早かったみたいですね。
 
私も、とても進行の早い病気だと言われており
抗がん剤治療を終了して2ヶ月で肺と骨に転移が広がりました。

抗がん剤を再開し、また元気になれましたが(完治はしていません)
数ヶ月、という単位で病状が変わるので気が抜けません。
今回も抗がん剤が効かなかったら、病気に負けていたことでしょう。
 
田中好子さんは転移後、病気の進行が早く治療が勝つことができなかったのですね。。。
 
それでも、不謹慎かもしれませんが私たち夫婦の間では
「若くして発病して、19年も生きたんだから」
っと勇気の源になっております。
とても綺麗な女優さんでした。
本当に、勇気をどうもありがとう。
心よりご冥福をお祈りいたします。

Re: 想像の域

ゆう子さん、こんばんは~

コメントいただきありがとうございます
また有益な情報をありがとうございます

ほんとに私たち患者は少ない情報源の中から想像をめぐらすしか
ないんですよね
田中好子さんは転移が分かってから病状が進むのが早かったけど
転移したあと病気をうまくコントロールして頑張ってる
乳がん患者さんもたくさんいることにも勇気付けられます

専門医同士は情報交換しているんでしょうね
でも、なんか担当医とは話できそうもないです、私の場合v-356 

またいらしてくださいね
お待ちしています

想像の域

那由他さん、はじめまして。スーちゃんのことショックでいろいろ調べていて此処に辿り着きました。
 想像の域を出ないのですが、夫君のコメントに”発病後5年間は穏かに過ぎていきました。”と言うのがありました。また、他のお医者のコメントでは、”4回も再発、手術、放射線治療 と言うのは1回の死に等しい。もっと違う選択肢(全摘とか)があっただろうに。”というのをどこかで読みました。
 これらから、再発は6年以降で抗癌剤治療はしていなかった(撮影もこなしていたから)のではないのか。と勝手に思っています。ではホルモン療法は?とかいろいろ疑問は残りますが。
 あと、専門医同士ではそういう情報(病理結果、治療法)は知られているようで、今度、検査にいかれたときにお医者さんに再発への不安な思いとともに聞いてみるのもよいかもしれません。勿論、守秘義務がありますから詳細ではないでしょうが意見はいってくださるかもしれません。
 私たち生存者が 必要以上に再発に怯えることのないよう、また警鐘を鳴らす?ためにも情報公開して欲しいですね。
なにかわかりましたら、載せてください。

また、お邪魔します。

Re: ご参考までに

鍵コメさま

 情報をありがとうございます
 参考にさせていただきます

Re: ショックです

モメントさん、こんにちは~

コメントありがとうございます

8年無事クリアされてるんですね
まだ術後1年ちょいの私にはとてもまぶしい存在です
でもそれでも大丈夫とはいえない、10年たっても?
と、今回は思い知らされました

ほんとはスーちゃんの初発の病理結果、知りたいですよね
どんな腫瘍だったら、19年後転移するんでしょう!?
彼女の場合は、19年後突然の転移ではなく何度か再発しているようなので
だんだん進行している兆候はあったのかもしれません
ご主人が闘病記でも書いてくれない限り
これ以上の情報は出ないかもしれませんが

またいらしてくださいね
お待ちしています

Re: はじめまして

リビさん、こんにちは~

いらしていただいて光栄です
コメントありがとうございます

リビさんのように
遠隔転移の診断を受けたあとも働いて治療されている方のお話は
(治療の過程でお辛いことが多々あるでしょうから申し訳なくもあるのですが)
同じ患者としてほんと励みになります
転移してからも病気をうまくコントロールして
QOLを確保している患者さん、ネットでもかなりお見かけします
だから、転移後2ヵ月(あくまで報道ベース)で死
というすーちゃんがショックなんですが。。。

すーちゃんの症例があっても
乳がんが一般に比較的進行の遅いがんであることは変わりないと思います

またいらしてくださいね
お待ちしています

Re: やはり気になる

さるささん、こんにちは~

コメントありがとうございます
乳がんのほかに、消化器系もご不調とのこと
辛いですね。無理せずお大事になさってください

そう、ほんと気になります
乳がんと消化器系の病気は直接関係がない、って言われますよね
でも、自分の身体のことは自分がよく分かるわけだから
さるささんの読みが素人考えとは言えないと思いますよ

すーちゃん、去年のドラマで見る限り、不調は見えませんでした
とてもプロ意識の高い女優さんだったんですね
職業人として尊敬します

またいらしてくださいね
お待ちしてます

ミライさん、こんにちは~

お亡くなりなったのに不謹慎かもしれませんが
やはり自分の身にひきつけて考えてみると
転移後2ヶ月の死、というのが私は一番ショックでした

私が一番知りたいのは、田中好子さんがいつ2度目の告知を受けたかですが
明らかになることはなさそうです
でも、2度目の告知を受けてからも体調をコントロールしながら
何年も通常に近い生活を続けてる患者さんもたくさんいるのだから
いつも希望を捨てずにいたいと思います

バボさん、こんにちは~

術後1年たって、気持ちも体力も戻って
ついつい病気のことも忘れがちだったけど
同病の人の訃報は、現実に引き戻されますね

いったいどんな経緯をたどったのか
乳がん患者が知りたい情報は結局わからないままなんだと思いますが
こういう症例もあるんだなと
心にとどめておきたいと思います

chamさん、こんにちは

コメントありがとうございます
田中好子さん、ほんとに長い闘病をみじんと感じさせないステキな女優さんでしたね
去年までドラマに出ていたわけだから、とてもプロ意識の高い方だったんだと思います

chamさんも19年の闘病、大変だったですね。どうかご自愛ください
また、遊びにきてくださいね。お待ちしてます

Re: 分からないね、、、

naitinge-ruさん、こんにちは~

ほんと、少ない情報の中から推測するしかないんですよね~

最初の再発がいつだったのかは分からないけど
19年の間には何度も再発を繰り返したみたいだし
局所再発も乳房内、胸膜、リンパ節とあるし
悪性度によっても違ってくるみたいだし

ほかの部位のガンは5年程度で完治!って場合もあるのに
どうして乳がんはこんなにしつこい病気なんだろうv-12

Re: こんばんは

ユメさん、こんにちは~


ほんと、そうなんです
乳がん患者は、初発の病理結果やいつどこに、再発して、どんな治療をしたか
転移までの経過、などなど知りたいけど、そういう情報はたぶん出ないんでしょうね

乳がんが転移するのは骨、肝臓、肺、脳なので
十二指腸潰瘍と乳がんは直接の関係はないのだと思いますが
分からないことだらけで推測の域を出ません

19年経っても転移の恐れが消えないことも
ほんとショックです。。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ショックです

私も同病、スーちゃんと同じ年です。
2003年、日帰り温存術+放射線治療30回+ホルモン療法。
1期、グレード1、6x7ミリ(浸潤癌)ひとつ、3ミリDCIS(非浸潤癌)ひとつ、リンパ節移転なし、ホルモン受容体陽性、ハー2陰性、断端陰性(でも4ミリの断端ありで放射線追加5回で合計30回、今でも被曝からの2次癌におびえています)
先日8年のホルモン療法終了し、現在無治療です。
スーちゃんだって最初は早期乳癌で同じなのです。でも19年後に再発?若年性でアドバンスドのグレードだったのか?経緯がとても知りたいです。
現在8年経過、でもさらに10年以上、それでも完治とは言えないのですね。

はじめまして

那由他さん はじめまして・・・。

同病のものです。
田中好子さんの記事を調べていてこちらにたどり着きました。

本当に病気の経緯がごちゃ混ぜな情報しかなく
遠隔転移発覚後、2ヶ月で亡くなること自体なんだか
釈然としませんでした・・・・。

本当の経過をしりたくて・・・・。

私も遠隔転移で治療しています。

具合が悪くなることも多々ありますが
遠隔転移して4年以上ですが働きながら治療しています。

乳がんはそうやって遠隔転移を抱えながらも
普通に(?)生きていけるはずだと思っていたので
なんだかショックなのです・・・・。

やはり気になる

気になりますね。同病としては。。
家族が何か(テレビ)で聞いた、と言うのですが。すーちゃんは、初発は左側で局所再発して、右側にも発症歴が。。十二指腸潰瘍は出血性型らしく、かなり悪かったようですね。絶食という治療法から、重症度が察せられます。
私は、昨夏の乳がん(60ミリの粘液癌)罹患(発見)前年から、難治性の胃潰瘍を治療していましたが治りきらず、今年また悪化。あげくに、二十年ぶりに十二指腸も発症。。辛いです。
主治医の様子では、乳がんとの関連性は否定しているようです。乳がんの治療によるストレスと再発の不安から、十二指腸潰瘍を起こしたのでは?とは、言われましたが。
ただ、胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、大雑把に言えば粘液がんですし、胃下部から出る?ホルモンの影響大なものが多く、漠然とですが(お馬鹿な素人考え)、ホルモン系に弱い人がいるのでは?なんて、家族と話していました。(私は、副腎と甲状腺の或るホルモン異常による疾患の治療歴あり)

でも、すーちゃん。二十年も前向きに闘病なさったんですね。。凄いです!

こんばんは。
このニュースをネットで読んでかなりショックでした。
「又読み」しているだけなので私は詳しい事はわかりませんが、転移がわかって数ヶ月というのが事実であったとしたら、本当に早過ぎます。

いつ起こるか分からない2度目の告知を常に覚悟していかなきゃいけないのかな?
改めてこの病気の怖さを思い知らされた気がします。

ご冥福をお祈りします。

普通だったら、「そうだったんだ~」って流す所なのでしょうが
やっぱり同じ病気だと「どうして?なんで?」と
疑問や不安がいっぱいですよね
十二指腸潰瘍も関係があるのかないのか・・・
原発の肝臓がんよりも、乳がんで転移した肝臓がんの方が
進行は遅いのか?
自分の病気、忘れていたいけれど、いつどうなるか忘れちゃいけないのかもしれませんね

私も1992年に乳がんになり左乳房全摘し そして2005年6月肺への転移しり右中肺を取りました。現在61才ですが 発病の時期が同じなので 彼女の再発の経過がとても気になり 。 素敵な女優さんだったのにとても残念です。ご冥福をお祈りいたします。 

分からないね、、、

情報が少ないから、ホントのところは分からないよね、、、
19年の間には、再発も何度かあったようだし、
繰り返しているうちに進行していたのかも知れないし。。。
十二指腸の病気はあんまり関係ない気がするけど、
これも治療の中で起こったことなのかも知れないし。
あと、転移した場所にもよると思う。
多臓器ってひとことで言うけど、骨と肺や脳じゃ違うしね。

どっちにしても、ホントに長いこと油断が出来ない病気なんだってことだね。

こんばんは

私もショックです。
でも、19年後の再発というのは、私もちょっと考えにくいのではないかと・・・
詳しい病歴が語られていないので、乳がん患者には何だか恐怖心のみ残りますね。19年前の治療自体、今とは全く違うと思うので、現在の私たちにも重なるところが多いとは思えないけど、どのような経緯があったのか、詳しく知りたいですね。
普通の人にとっては、現在の情報で満足でしょうが、乳がんサバイバーにとっては、人ごとでないので、是非詳しい経緯を発表いただきたいものです。
転移したところ、十二指腸?、のがん細胞が乳がんの細胞であったということなのでしょうかね????
プロフィール

那由他

Author:那由他
48歳、2010年1月乳がんが見つかりました
2月に右乳房全摘出、リンパ節郭清手術。オンコタイプDX(遺伝子検査)を経て抗がん剤治療を終え、現在ホルモン(アロマターゼ阻害剤)治療中
2013年9月からリンパ浮腫も治療中

職業:物書き:夫と子(14歳)の3人暮らし
那由他は数の単位。10の60乗
↑は実家の猫です。猫飼いたい。。。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。