スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺伝性乳がんについて、気になること

Ms.ジョリーの件、今週は、週刊誌が取り上げてますね

遺伝性乳がんについて、前々から気になっていたことがあります
ブログとか、他のメディアを通じてこの方、遺伝性乳がんなのかな
と思った方が何人か
残念ながら今、ご存命の方はいらっしゃいません
20代、30代で亡くなられてます
ブログや本などを通じて情報発信してた方々で(映画になった人もいるし)
乳がん患者だったら知ってる!って方ばっかりかもしれませんが
全く素人の私が名前を出すのはどうか、と思うのでここでは伏せます

いくつか共通点があって
お母さんを卵巣がんか乳がんでなくしている 
亡くなる前にお母さんが「がん家系」=娘への遺伝を心配していた
初発から再発までの間が短い
再発からなくなるまでの期間もやはり短い
ご本人は初発の乳がんの診断を受ける前から「がんになりやすい」遺伝の自覚を
お持ちだった方ばかりでした

もしこういう方がいたら、もちろん経済的な問題は大ですが
遺伝子検査を受けてみられることをお勧めしたいです
MSジョリーの件で、急に日本でも体制整備が進められているようですから
相対的にお若いであろうこういう方々が一人でも救われればいいな、と
思っています

適量のアルコールは乳がん生存率に影響しない 続報

適量なアルコールは乳がん生存率に影響しない
原文見つけました→ここね

適度な(←ここ重要 笑)アルコールを飲む女性は全く飲まない人より
15%心疾患で亡くなる可能性が低いのだそうです へえぇ

適量は週3~6杯。酒の種類は問わないみたいですが、心疾患リスクを下げるのはワイン
ちょっと少ないよね(汗)

ただ、肥満大国で、心臓への負担も大きかろうアメリカの話だから
先進国で一番痩せてる日本にはそのまま適用できないかもね
(BMI30以上は米国人の3人に1人、日本人はたった3%でOECD加盟国の中で一番少ない)

フレッド・ハッチンソンがん研究所は、肺がんで早く亡くなった野球の名選手の
名前を取って作られた研究所で
ノーベル生理学・医学賞受賞者を擁した名門独立系研究所
酒飲みのためにトンデモ研究をしているわけではありません 笑

アンジェリーナ・ジョリーのNYタイムズ記事、お勧めです

今日、2回目の更新です。
あちこちで話題になっている遺伝子検査BRCAで乳がんハイリスクという結果が出て
予防的に両乳房を摘出、再建したアンジェリーナ・ジョリーの投稿
http://www.nytimes.com/2013/05/14/opinion/my-medical-choice.html?partner=rssnyt&emc=rss&_r=0
本人の投稿と同じくらい、良かったのが1000を越すコメントの数々
とても全部は読めませんが、米国のみならず、世界中の乳がん患者の現状を教えてくれて
とても興味深いです

Ms.Jolieの投稿の中にもありますが、米国でBRCA検査は3000ドル、30万円ちょっとだそうです
コメントで一番多かったのは
・経済的に恵まれているからできること
・保険に入れない人、加入している保険で適用できない人もたくさんいる
ということでした

・国の健康保険がある英国では遺伝子検査はタダだし、手術もタダ
という英国からのコメントもあり。ホント? イギリス、すごい
(でも、医者に見てもらうまで時間かかって大変って話も?)
・35年前に同じ手術したわ、というフランス人

まぁ、匿名コメント欄ですから、100%真に受けずに参考程度に
でも、みんな悩んでるんだなぁ、と思った次第です

投稿の反響を書いたこの記事もお勧め
http://www.nytimes.com/2013/05/15/health/angelina-jolies-disclosure-highlights-a-breast-cancer-dilemma.html?src=me&ref=general

適度な飲酒で乳がん患者の生存率向上\(^o^)/

昨夜、アンジェリーナ・ジョリーの記事見たついでに発見した記事

多分にご都合主義のような気がするけど
酒好きとしては素直に嬉しいわ

乳がん患者の生存率、適度な飲酒で向上も 米研究
米フレッドハチンソンがん研究所が2万5000人を追跡調査
乳がん診断前に週3~6杯のアルコール摂取していた乳がん患者は
乳がんで死亡する確率が15%低く
診断後に適度な量ならアルコールを飲んでも生存率に影響がない

http://www.cnn.co.jp/fringe/35030668.html
何と何を比べて15%なんだろう
そのうち原典を見に行きます(←実はあまり信じてなかったり)

骨粗鬆症治療始めました

お久しぶりでございます
一年で一番忙しいシーズン到来なんですが
私は元気にしております

まだ40代なのに、と納得行かない気持ちいっぱいですが
骨粗鬆症の治療始めました
乳腺担当医の紹介で行った内科医は
「骨密度はフェマーラの副作用でしかたない
あなたの年齢だと、オリンピック選手なみにトレーニングしない限り
骨密度が改善することはないでしょう」との厳しいお言葉でした

でも、AI服用者が私のように骨が75歳にみんななってるわけじゃないから
体質なんだろうね

130331 001

4週に1回飲む薬
ちょっと光っててわかりにくいですが
この箱に1錠しか入ってないんです
えらそうな奴

1)朝起きたら飲む
2)その後30分、食べても横になってもいけない
という、変わった処方の薬です
逆流性食道炎を防ぐためらしいです
私は胃は丈夫な方なので問題ないですが
これを飲んだ日は一日なんかだるいです
いや、単なる怠け者の言い訳かもしれません

==============================================
3月に亡くなったブロ友さん、49日とご連絡いただきました
ありがとうございます
正直、まだ信じられません
病と立ち向かう姿勢のなんと崇高だったことか
少しでも見習えれるだろうか
自答する日々です

テーマ : 乳がん
ジャンル : 心と身体

プロフィール

那由他

Author:那由他
48歳、2010年1月乳がんが見つかりました
2月に右乳房全摘出、リンパ節郭清手術。オンコタイプDX(遺伝子検査)を経て抗がん剤治療を終え、現在ホルモン(アロマターゼ阻害剤)治療中
2013年9月からリンパ浮腫も治療中

職業:物書き:夫と子(14歳)の3人暮らし
那由他は数の単位。10の60乗
↑は実家の猫です。猫飼いたい。。。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。